遺産分割の方法

相続人が誰か特定が終わり、相続財産の調査も終われば、次はその相続財産をどのように相続人同士で分けるか決めることになります。 

遺産分割の方法としてどのような方法があるのか、どのような点に注意すればいいのかを見ていきます。

 

遺産分割の主な3つの方法

相続財産をどのように分配をするかについては、相続人全員が合意をすれば、遺産分割協議によって自由に決めることが可能です。

 

しかし、実際問題として自宅や土地、車などをそのままの形で分割をすることは困難なため、次のような方法で分配するケースが多いです。

 

1)現物分割

現物分割とは、各相続財産をそのままの形で分割する方法をいいます。

 

例えば、自宅と土地は妻が相続し、自動車は長男が相続し、預貯金は長女が相続するなどです。

 

なお、相続財産そのものを相続人の相続分に応じて、あるいは相続人間で協議した内容どおりに共有取得することもできます。しかし、土地や建物などの不動産を共有状態にすることはおすすめしておりません。不動産を処分する際に、全員の協力が必要になり後々問題になることが多いためです。

 

2)代償分割

代償分割とは、相続人のうちの誰かが相続財産を取得する代わりに、他の相続人に対して現金などを支払うことをいいます。

 

例えば、1000万円の価値のある不動産を長男が取得する代わりに、他の相続人中である長女に500万円の現金を自分の資産から支払うなどです。

 

3)換価分割

換価分割とは、相続財産を売却処分してその価額を分配します。現金化して分配をするため、各相続人の相続分が決まっているのであれば平等性があります。

 

ただし、不動産をいざ売却処分するとしても即日処分をするなどできないため時間を要したり、売却には仲介手数料等の諸費用が発生しますので、それらの点は事前に確認してください。

 

なお、当相談室では不動産の処分(売却、運用など)はもちろんのこと動産の処分(売却、廃棄など)についてもご相談いただけます。

 

分割方法が決まったら遺産分割協議書を作成しましょう。

相続財産の分配が決まりましたら遺産分割協議書の作成をしてください。

 

一度決まったことを明確にしておくことで後の紛争を防ぐことにつながりますし、不動産の名義変更(相続登記)や預貯金口座の解約の際にも遺産分割協議書が必要となります。

 

遺産分割協議書の記載内容は明確にしておく必要があります。対象となる不動産は登記簿謄本のとおりに記載しておいた方がいいですし、銀行口座も同様です。

(埼玉県上尾市のあの土地、埼玉県上尾市のあの銀行口座、では対象となる相続財産が明確ではありません。また、不動産の名義変更(相続登記)を法務局に申請するときはこのような記載の遺産分割協議書では足りません。)

 

遺産分割協議書の作成だけ、というご相談・ご依頼も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

ご相談、お見積りは無料です。 メールでのお問い合わせはこちら                           
電話番号:050-3740-5200 (受付時間 平日10:00~18:00)