団体信用生命保険と抵当権抹消手続き

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険(以下「団信」といいます)は、住宅ローンの返済中に、ローン契約者が死亡あるいは高度障害になった場合、本人に代わって生命保険会社が、その時点の住宅ローン残高に相当する保険金を金融機関に支払い、ローンが完済となる制度です。

 

 

上記に該当する場合は、相続人は住宅ローンを引き継ぐことはありません。もちろん、ローンが保険によって完済になるだけなので、住宅自体は相続財産となり引き継ぐことができます。

 

抵当権抹消登記手続き

団信によって住宅ローンが完済となった場合でも、自動的に不動産の登記簿から抵当権(住宅ローン担保)が消えるわけではありません。

 

必要となる書類を集めて、管轄法務局に抵当権抹消の登記を申請することによって、初めて消えることになります。団信によって住宅ローンが完済されると、金融機関から抵当権抹消登記に必要な書類の一部が送られてきます。

 

 

相続登記を先にする必要があります。

事実関係の順として、住宅ローン契約者が亡くなられた後に、生命保険によって住宅ローンが完済となり、完済によって抵当権が無くなる、となりますので、登記申請はこの順に従うことになります。つまり、不動産を相続する人に名義変更を行った後に抵当権抹消登記の申請をする必要があります。抹消登記に必要な書類が揃っているのであれば、

  1. 相続による所有者の名義変更登記申請(⇒相続した不動産の名義変更手続き
  2. 抵当権抹消登記申請

と連件(2つの申請書を連番で同時に法務局に)申請をすることになります。

 

抵当権を抹消するのに期限はあるの?

抵当権を抹消することに、法律で定められた期限はありません。また、住宅ローン自体は完済されているのでその抵当権の登記が原因で、自宅が競売にかけられるということもありません。

 

しかし、例えば将来自宅を売却する必要が生じた場合でも、担保権が付いたままでは売れません。

 

また、金融機関から受け取った抵当権抹消にかかる書類を紛失してしまうと、後になってその抹消登記をしようしたときに余計な手間と費用が発生してしまいますので、抵当権は早めに消しておくことをおすすめします。