法定後見制度

「法定後見制度」とは、既に判断能力が不十分な人に代わり、家庭裁判所に選任された後見人が法律行為をしたり、被害にあった契約を取り消したりする制度のことをいいます。

 

本人がヘルパーを頼んだり、入院したり、介護施設に入られたりする必要が発生した際に、あるいは悪徳業者にだまされて不要な高額商品を買わされてしまったといった場合に、本人に代わって入院契約をしたり、本人のためにその契約の取り消しができたりする人が必要になります。

 

ところが、既に判断能力が不十分な状態では本人が直接、誰かと後見契約を結ぶことはできません。そこで、法律がそのような役割を担う人を決める仕組みが必要となります。これが法定後見制度です。

 

法定後見人及びその必要性は家庭裁判所が判断するとこになります。