成年後見制度

成年後見制度とは

 

例えば認知症や知的障碍・精神障碍等で判断能力が不十分な方が、生活をしていく上で、様々な手続きや契約をする際に、代理人となる後見人が本人に代わり、本人が不利な契約を結ばないように注意をしながら相手方と契約し、本人の権利や財産を守ることを目的とした制度のことをいいます。

 

成年後見制度には「任意後見制度」と「法定後見制度」の二つの制度があります。

「任意後見制度」とは、今は元気で意思もはっきりとしているけれど、将来判断能力が不十分になった時に備えて後見人をあらかじめ決めておき、いざ判断能力が不十分になった際にその後見人が本人に代わり、法律行為をする制度のことをいい、「法定後見制度」とは、既に判断能力が不十分な人に代わり、家庭裁判所に選任された後見人が法律行為をしたり、被害にあった契約を取り消したりする制度のことをいいます。

 

 ●任意後見制度について

 

 ●法定後見制度について

 

成年後見制度は、次のようなお悩み、ご心配を解決できるかもしれません

  • 子どもや親戚とも疎遠なので、老後の生活を支援してくれる人を自分で決めたい
  • 銀行で「成年後見人を選任しないと預金の解約ができない」と言われた
  • 遠くで暮らす父が軽い認知症かもしれない。悪質商法や詐欺の被害に遭わないか心配
  • 認知症の母と同居している兄が、母のお金を勝手にギャンブルに注ぎ込んでいる
  • 一人息子は生まれたときから重度の知的障害者で、ひとり親である私が亡くなった後のことが心配だ
  • 認知症の父所有の不動産を売却し、老人ホームの入所費用に充てたい